×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肋間神経痛の痛みと症状、治療方法

肋間神経痛の原因

肋間神経とは胸椎から出ていて左右に12対存在しています。

 

この神経は、肋骨と肋骨の間にある肋間筋という筋肉や、その他背中の細かい筋肉の運動を支配しています。また、肋骨に沿って背中やわきの下、胸などの感覚を支配しています。肋間神経痛とは、肋骨に沿って突発的に表れる神経痛で、多くは片側に起こります。背中を初めとしてわきの下、胸などに鋭い痛みを感じます。

 

この症状は、深呼吸や咳・くしゃみで悪化し、呼吸困難や会話をするのが困難になってきます。肋間神経痛の原因として一番多い多いのは肋間神経の絞扼(圧迫)障害です。妊娠による体重増加も要注意です。肋間神経が肋骨と肋骨の間の肋間筋というところで圧迫されてしまうのが原因です。

 

そして、ほかに肋間神経痛の原因としては、外傷(肋骨の骨折やひび)、感染、寒冷などによる神経炎などがあります。あとは、肋間神経痛の原因として、ストレスもあげられます。肋間神経の症状は痛呼吸が困難で胸が苦しくて背中まで痛くなる場合が多いので肋間神経痛の皆さんは辛い思いをしているみたいです。

↓お薦めはこちら↓